fc2ブログ

九州中央病院 喘息受診

1年ぶりの喘息検診。
もう来なくて良いですと言われると
思ってルンルンで受診した。

ところが結果は真逆。

前回より異常値が多く、
悪くなっています。
お薬を服用してみても良い値です。
もう少し様子を見るならそれでも良いです。

肺活量は4リットル。
気管支が炎症で細くなっているのでその半分しか
出せていないような状態らしい。

普段の生活には支障ないかと思いますが、
もっと歳とって筋肉とかが落ちてきたら良くないかと思われます。

FeNOの値も49と悪化している。

なんで!

毎日のピークフローメーターでは60代の平均550を超えて
600とか700とか出てるのに…。
毎日、入浴終わりに全身に冷水をかけて自律神経を整えているのに…。

1年後に来ますか?と聞かれたので、は?
薬を飲んだほうが良いくらい悪いなら、そんなに悠長で良かと?
半年後にまた、検査を受けることにした。

先天的に気管支が細いとかないのかな。。次回、確認してみよう。
だって喘息らしい症状はまったくないんだもの。

外来 74/肺気量分画測定90/フローボリューム100/
フローボリューム100/呼気ガス分析100/呼吸機能検査等判断料140
計604 3割負担で1,810円

大丈夫、きっとなんとかなる
今日もいい日だった
お陰さまで
ありがとう

ピークフローメーター壊れる

ふーと軽く吹き入れたのに最高の800になった。
なんか変。
60代男性平均は550。私は普段、600くらい。
次に息を吹き入れたら今度は0のままで動かない。
壊れたかな。

2、3日間、吹き入れてみるが、0のまま動かない。
どうしよう。

約2年間酷使している。
といっても朝夕一回づつ息を吹き入れているだけ。
息を吹き入れる奥の方が汚れたようなので
ティッシュで拭いたのが悪かったようだ。

amazonをみると、私の持っているフィリップ社製の
ピークフローメーターが3,000円もする。
自分で購入すべきかなあ。

九州中央病院に電話で尋ねた。

ピークフローメーターを先生から以前もらったが、壊れて動かない。
また、もらえるか、または処方してもらえないか。

看護師さんが先生に聞いてくれたら、差し上げるという。
取りに来て下さい。早速、車で取りに行く。
診察の時はつっけんどんだけど、太っ腹の良か先生じゃん。

新品のピークフローメーターを頂くことができた。
ダメ元で厚かましく聞いてみて良かった。
嬉しいものだ。

大丈夫、きっとなんとかなる
今日もいい日だった
お陰さまで
ありがとう

九州中央病院

定例検診で九州中央病院を訪れる。

9時なのだが、患者さんでいっぱい。前回の4月頃は閑散としていたが
コロナの落ち着きからか、患者が戻っている感じ。

体重、身長を計測したあと、呼気の検査。

風船を持った女の子を川の上を落とさずに飛ばす。息が続くかを診るのだと思う。
もう一つは息を吸って、思いっきり吹き出すもの。
肺活量と、気管からの強さを測るようだ。
クスリを吸引して15分後にまた、同じ検査を行う。

待つこと10分くらいか、先生から検査結果の説明がある。
数値を見せられるが実はあまり良く分からない。

肺活量は特に問題はない。
気管支が普通より細いらしい。

クスリ吸引後、数値が悪い!?

肺活量が多くなったのに、気管支からの呼気量があまり増えていなので
率的に数値が悪くなるようだ。

数値自体の説明をキチンとしてくれないので、あんまり良く分からない。

でも、それほど心配する必要はないようだ。

毎日、ピークフローメーターを使って計測している。
標準550のところ800という数値が2、3回吹き入れると出る言ったら、
吹き入れるとところに舌が絡まると、入り口がふさがれて数値が良くなる
と言われる。
このお医者さん、結構、皮肉っぽいところがある。

ときどき誤嚥するんですけど?

それは気管支の細さとは関係ありませんね。区分けの問題です。

経過観察しましょう。半年後かな。

1年後ではどうですか?

まあ、良いでしょう。

次の検診は1年後ということになった。

外来診療料 74
検査料 530 (呼気ガス分析100、肺気量分画測定90、フローボリューム100、
呼吸機能検査等判断料140)
合計604 3割負担なので診療費は1,810円也

大丈夫、きっとなんとかなる
今日もいい日だった
おかげさま

喘息の検診に行く

半年ごとの喘息の検診に行った。
担当医が転勤となってベテラン医に代わっていた。

そのベテラン医によると数値的には良くなっているという。

肺活量は十分だが、それを吐き出す量が少ない。
だから気管支が細い…⁈

これからも半年ごとに検診を続けることになった。

私はCOPDか、コロナに罹ったら危ないかと聞いたら、

順番が逆

COPDかどうかが分かっていない。

半年後の検診もコロナの診察がもし混んできたりしたら
遅くしてもらうかもしれないという。

このベテラン医はマスクもしていなかったが、大丈夫かな。

再診料 740円
検査料 5,300円
計 6,040円 3割負担で 1,810円

大丈夫、きっとなんとかなる
今日も良い日だった



3度目の中央病院で喘息診断

ピークフローメーターで朝晩フーっと息を吐く。
それを続けてほぼ3か月
60代標準の550を超えて推移している。

今回は、一番最初にした検査と同じものを行う。
診療明細書には
吸気ガス分析 100
フローボリューム 100
肺気量分画測定(安静換気量、最大換気量) 90
フローボリューム 100
呼吸機能検査等判断料 140
となっている。

詳しくは分からないが、それほど悪くもなっていないし
良くもなっていないようだ。

こんなに頑張ってきたのに…

先生はくすり(吸引)を勧めるが自分としては必要ない。

4か月後、また経過をみましょうということになった。
それまでピークフローメーターを続ける。
冷水シャワーの効果ももしかしたら出てくるかもしれない。 

結構、検査は苦しい。
吐いて吐いて、もっと吐いてと検査者は私に促すが
もうダメっていう感じ。

それとこの検査も機械でやるのだが、しっかり口でくわえて
おかないと息が漏れる。
次回はしっかりくわえてみよう。
多分、検査の要領で結果が違ってくると思う。

喘息もないのに喘息と診断される不合理に納得がいかない。

病院から帰ってきたら具合が悪くなった。
孫のノロが感染ったようだ。家内は昨夜から嘔吐が止まらない。
私も39度近くの熱が出て寝て過ごした。

1歳の孫娘がこんな目にあっていたと思うとよく頑張っていたなあ
とほめてあげたい。

まあ、寝て治すしかなかろう。

大丈夫、きっと何とかなる
今日もいい日だった


プロフィール

照

Author:照
FC2ブログへようこそ!
1955年生まれの男性。いまのところ現役(上場企業の非上場子会社監査役)。
健康状態は普通。ジム通い、通勤時ウォーキング(往復1時間)など実践。
長寿リスクに備え、株式投資、投資信託など購入するもはかばかしい成果に恵まれず。
ブログは頭の活性化がメイン。アフィリエイトなども指向するが上手くいかない。
給与生活をできるだけ節約して存命中。
健康に長生きするための知恵を求めてさすらい中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる