fc2ブログ

喘息の定期健診

MRIは先日撮った。
MRIの検査で間質性肺炎ではない
ことは分かった。

今回の10月の健診では何をするのかな?
また、肺活量とかを測るのかなと
思っていたら、先生の聴診器による検診。

先生:息を吸って、背中も息を吸って、フー。
肺の音は悪くないです。
お薬は要りませんか?

私:喘息の症状がないので要りません。

先生:次回は半年後の来年4月にしましょう。
年度初めは忙しくないですか。

私:たぶん大丈夫です。

先生:次回はいつものように肺活量など
を測ります。

私:女の子を海に落とさない計測器はフーって
思いっきり吐いて良いですか。

先生:良いですよ。検査で良くなる人はいます。

あの検査機器が喘息診断の全てではないか
と疑っている。

これにて診察終了。
ものの10分だったろうか。
初診料だけの220円で済んだ。
次回が楽しみ。

大丈夫、きっとなんとかなる
今日もいい日だった
お陰さまで
ありがとう
ルンルン
ワッハッハ
スポンサーサイト



コメント

No title

私は間質性肺炎を宣告されました。
たまたま別の症状で国立病院で肺のレントゲンを撮られ異常無しでした。
数日後に市の健康診断で行った肺のレントゲンの結果に疑問詞を出され、大きな病院での再検査を支持されました。
そこで再び前出の国立病院でMRIを行い間質性肺炎とのこと。医師曰く、「よく健康診断で判ったものだ」です。
おまえがヤブなんだろうと、喉迄でましたよ。
https://nono634.blog.fc2.com/blog-entry-1948.html
ということで、心配なら、複数の病院で診察を受けた方がよろしいかと。
ちなみに、間質性肺炎の診断を下した竹藪医者が曰く「この病気は難しいので2年程度で死ぬかも...という説明を受けたという同意書にサインしろ」とのことでした。
https://nono634.blog.fc2.com/blog-entry-1914.html
あれから、7年経ちますか

No title

母親が間質性肺炎で亡くなったので調べてくれました。
母親が亡くなったのは90歳でした。それまではいたって健康だったので、私ももし長生きすれば罹るかもしれません。
予防策がなさそうなので、この6か月ごとの喘息の定期健診で肺や気管支を診てもらうのは意味があるかもしれませんが、喘息の症状がないので薬は拒否してますし、医者からはあまり良い患者とは思われてなさそう。
病院には歩いて行くし、割と直ぐに診てくれるし、医療費は安いし、この病院にかからない手はなさそう、ぐらいに思って通院しています。
Secret

プロフィール

照

Author:照
FC2ブログへようこそ!
1955年生まれの男性。いまのところ現役(上場企業の非上場子会社監査役)。
健康状態は普通。ジム通い、通勤時ウォーキング(往復1時間)など実践。
長寿リスクに備え、株式投資、投資信託など購入するもはかばかしい成果に恵まれず。
ブログは頭の活性化がメイン。アフィリエイトなども指向するが上手くいかない。
給与生活をできるだけ節約して存命中。
健康に長生きするための知恵を求めてさすらい中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる