fc2ブログ

納骨堂の見学

お寺から門徒会費の支払い要請の
手紙が来た。年一万円。

昨年分が支払われていない。

浄土真宗大谷派(東本願寺)の坊さんは
お盆にも家に来ないし、私もお寺に
行くことがないから、こうなる。

今年度と来年度分も合わせて3万円を持参した。
ついでに納骨堂を見学させてもらう。

代々のお墓は田舎にあるので、
いつか墓じまいする。
そのあと、近くのお寺の納骨堂にお骨を
納めてもらうか、そんな風に思っている。

納骨堂は3種類あって、大型壇100万円、
普通壇80万円、小型壇60万円。
大型と小型の納骨堂は売り切れ。
普通壇はまだ余裕がある。

その壇の中に福岡の骨壺は小ぶりなので、
12個くらいは入る。
関東、関西の骨壺はだったら3つくらいしか
入らないという。どんだけ大きいのだろう。

管理料として年3千円かかるという。

お墓に入っているお骨は衛生的にそのまま
移すことはできず、一度火葬し直す
必要があるという。
誰がどんな風に火葬場に持っていくの?

息子が東京で就職している。
多分、福岡に帰ってくることはない。
お墓をどうするか。

私は死んだら散骨してお墓は要らないと
思っていて、祖父母のお骨は永代供養でも
してもらえばいいのではないかと思っていた。

永代供養はこのお寺の場合、
息子がいるなら、息子さんに先祖の供養は
してもらうのが原則だという。

だから、どうすべきか息子さんとよく相談
されるのが良かろうとアドバイスをもらう。

田舎にあるお墓参りはしばらく続けて、
息子が帰省する都度、お墓の話しをしよう。

大丈夫、きっとなんとかなる
今日もいい日だった
お陰さまで
ありがとう
ルンルン
ワッハッハ

スポンサーサイト



コメント

Secret

プロフィール

照

Author:照
FC2ブログへようこそ!
1955年生まれの男性。いまのところ現役(上場企業の非上場子会社監査役)。
健康状態は普通。ジム通い、通勤時ウォーキング(往復1時間)など実践。
長寿リスクに備え、株式投資、投資信託など購入するもはかばかしい成果に恵まれず。
ブログは頭の活性化がメイン。アフィリエイトなども指向するが上手くいかない。
給与生活をできるだけ節約して存命中。
健康に長生きするための知恵を求めてさすらい中。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる